タイトル

 
EAPサービスの実践
EAP機関等との連携によるEAPサービスの実施。
EAP win-winネットワーク
EAPによって組織と労働者がwin-winの関係となるためのストレス・メンタルヘルス対策の実践を通じ、
職場メンタルヘルス専門家養成および社会貢献を推進。

研究活動
職業性ストレスの健康影響、職場環境改善、産業疲労、健康教育、キャリアディベロップメント等の
研究成果を学会発表などを通じて広く社会に還元。

事業場内メンタルヘルス推進担当者養成講座 / メンタルヘルス推進担当者育成プログラム
内部研究会や実践活動を通じた、企業内で活躍するメンタルヘルス推進担当者の養成。
各種研修やスーパービジョンを実施。

コンサルティング
組織の活性化および職場支援のためのコンサルティング。
メンタルヘルスの体制、EAP機関の選択と活用方法等。

事例検討会
各事業所から具体的事例を持ち寄り、連携方法、事業場外資源の活用方法などを、
専門家とともに少人数制のクローズドの形式で検討。

復職支援プログラム
うつ病により休職している労働者に対し、復職に向けてのウォーミングアップを行い、
本人、および職場への助言・指導等により円滑な職場復帰を支援。

高度専門職業人養成
主として大学院レベルの心理専門家養成のための教育方法を開発。

講演・研修
職場管理者および関係者に対する心身の健康に関する教育訓練および研修・講演。
「こころの健康と経営戦略」フォーラム
健康度の高い労働者による生産性の高い組織づくりを検討。